自分の親を安心して預けられる住まい

「安心」の意味

新年、明けましておめでとうございます!

今年は、日の並びによっては、9連休という方も多かったのではないでしょうか?

皆さん、どんな年末年始を過ごされましたか?私は、休み太りもなく、元気に新年をスタートしています!

 

 

今年も大好評の定期コラムやこのブログで、フジパレスシニアのことをたっぷりお伝えして参りますので、

2014年もよろしくお願いします!

 

 

 

今年1回目のコラムは、「安心」の意味。

 

「安心」という言葉、私もそうですが、皆さんも普段何気なく使っている言葉だと重いますし、この言葉の意味をしっかり考えて使うことは、あまりないのが実情ではないでしょうか?

 

辞書には「心配・不安がなくて、心が安らぐこと」とあります。また、「安心(あんじん)」と読めば、「仏教の功徳によって、迷いがなくなった安らぎの境地」という意味だそうです。

逆に、安心の反対語の「不安」は、「気がかりで落ち着かないこと。心配なこと」とあります。こうして、じっくり調べてみると、言葉の意味が深いなあということがよくわかりますね。

人によって、「安心」の捉え方も違います。例えば、「○○さんに任せておけば安心」とか、「○○さんの顔を見れば安心する」とか。「リモコンや携帯電話が手の届くところにないと落ち着かない」とか・・・・

http://www.fp9982.com/fps/colmn/story/story16.html

私たちは、仏様ではありませんので、誰かに功徳を施すということはできませんし、そのような大それた考えは持っておりませんが、高齢者住宅の運営に携わる人として、入居者様やそのご家族には、最良の「安心」を提供していきたいと常々考えております。

今回のコラムでは、フジパレスシニアでの「安心」とは何なのか?をご紹介しております。ぜひ、じっくりご覧頂ければ幸いです。

http://www.fp9982.com/fps/colmn/story/story16.html

今年も、引き続き、よろしくお願い致します!