土地活用TOP目的別土地活用
目的別土地活用

総合力で様々な問題を解決します

相続対策
資材置場からサービス付き高齢者向け住宅へ
STEP1 複数の不動産を所有し相続対策でお悩みのお客様よりご相談を受ける。
STEP2 色々とお話をお聞きする中で、所有不動産の管理・売却等のご相談も受け、アドバイスをさせていただく。
STEP3 税理士と相談しながら資産の分割を確定させ、予定相続人が主となって事業の検討を行うこととなる。
STEP4 弊社で商品化したサービス付き高齢者向け住宅の今後の需要・事業性・社会的貢献度等をご説明させていただいたところ、ご本人及び予定相続人も十分納得される。
↓
STEP5 その後、承継地別にサービス付き高齢者向け住宅2棟のご契約をいただくこととなる。
相続対策
老朽貸家の建替え
貸家の承継を行い、かつ相続税の節税を
STEP1 老朽化が進んでいる貸家を所有しているお客様より、相続対策として貸家の建替えについてのご相談を受ける。
STEP2 提案内容と共に弊社の経営姿勢をご理解していただけ、「大家さんのための実践セミナー」にご参加いただき貸家の早期建替えを決断される。
STEP3 早速、各種調査と建替えの事業計画をご提案し、計画について概ね合意をいただく。
STEP4 その後、将来の相続人であるご長男様にも計画のご説明をさせていただき、建替えのメリットをご理解いただく。
↓
STEP5 貸家の明け渡しを条件にご契約いただき、明け渡し完了により事業着手となる。
老朽貸家の建替え
土地購入
土地を購入しサービス付き高齢者向け住宅を建築
STEP1 既に弊社で3棟のご契約をいただいているオーナー様。既存物件の償却が進んできているので、所得税負担の軽減を検討されることとなる。
STEP2 サービス付き高齢者向け住宅のご紹介をさせていただいたところご興味をお持ちいただくが、ご所有地での建築が難しいことから、新たに土地を購入の上、事業計画を進めることとなる。
STEP3 年間1万件を超える土地情報が集まる弊社のネットワーク力を活かし、事業計画の候補地を数件紹介させていただく。
↓
STEP4 事業に適した土地が見つかり、自宅から目が届かない地域であったにもかかわらず、これまでの弊社の対応を信頼いただき、「地域不問」とのお返事を承り、当該地での土地購入を含めたご契約をいただくこととなる。
土地購入
一部売却
駐車場の一部を売却し残地をフジパレス戸建賃貸に
STEP1 相続が発生し、不動産の売却や活用により納税資金を確保していこうとお考えのお客様より今後の進め方についてご相談を受ける。
STEP2 既にマンション・アパートをご所有で、集合住宅への活用の意思が低いため、弊社戸建賃貸完成内覧会にご案内させていただく。
STEP3 建物・仕様・設備を始め、将来的に区画単位で分割や売却も検討出来る戸建賃貸に非常に興味を持たれる。
STEP4 ご所有駐車場の一部を売却し、残地を戸建賃貸で活用するプランをご提案させていただく。
↓
STEP5 戸建賃貸のメリットや弊社の経営姿勢をご理解いただき、弊社一括借上による安全・安心・安定した事業とご判断いただき、ご契約いただくこととなる。
一部売却
事業転換
事業廃業し、サービス付き高齢者向け住宅(5階建)
STEP1 既に他社からアパートの建築提案を受けていたお客様でしたが、取引先の金融機関の勧めで弊社にご相談をしていただくこととなる。
STEP2 面談させていただいたところ、「金融資産を含め複数の駐車場・貸家を所有し、大がかりな相続対策を検討中である」とのお話をお伺いする。
STEP3 相続対策上多額の借入が必要だったため、融資条件に影響する「一括借上」に関心をお持ちで弊社提案の「一括借上」に優位性を感じていただく。
STEP4 多額の相続税評価額の圧縮を図るため、先ずは規模の小さな駐車場でアパート建築のご契約をいただく。
↓
STEP5 その後、大規模な相続対策を検討する中で、弊社のサービス付き高齢者向け住宅に興味を示され、空きの少ない駐車場ではあったものの、5階建て鉄骨造のサービス付き高齢者向け住宅のご契約をいただく。 事業転換
返還されてきた貸地の活用
狭小地に対応できるプランで高効率の賃貸経営が実現!
STEP1 金融機関様からご紹介いただいた取引先の社長様より、お父様ご所有の約700坪(30区画)の貸地についてのご相談を受ける。
STEP2 貸地の一区画ずつが狭い上に複数の借地人から貸地が返還されてきたため、歯抜け状態となってしまい、その後の活用方法にも苦慮され、加えて相続対策についてもお悩みを抱えておられることをお伺いする。
STEP3 お父様がご高齢ということもあり、相続対策を先行することとなり、返還されてきた貸地の活用方法として、狭小地にも対応できるプランを提案させていただく。
↓
STEP4 返還されてきた狭い貸地の問題が解決し、併せて相続対策も出来ることから、フジパレス2棟(6戸・9戸)のご契約をいただく。
返還されてきた貸地の活用
法人の節税
新築収益アパートの購入により節税と安定収入源を確保
STEP1 金融機関様での税務相談会にご来場いただいた法人のお客様より、有効な節税方法と本業とは別の安定収入源の確保についてご相談をいただく。
STEP2 弊社より、償却資産として収益アパートを購入した場合の節税方法と収支計画についてご説明させていただいたところ、大変興味を示される。
STEP3 お客様の購入希望エリア等をお伺いし、弊社の「新築収益アパート」が発表され次第、ご連絡させていただくことをお約束。
↓
STEP4 当物件を発表後、すぐにお申込をいただき、物件案内、管理面等のご説明を行いご契約をいただく。
法人の節税
リピート受注
信頼と実績からその後のご用命もフジ住宅に
STEP1 既に数棟の他社賃貸物件をご所有で、弊社のサービス付き高齢者向け住宅をご契約いただいたオーナー様。
STEP2 弊社の行き届いた管理運営をはじめ、ご入居されている高齢者の方やご家族の方への心配り等に深く感銘していただき全幅の信頼をお寄せいただく。
STEP3 お困りの高齢者の方、そしてご家族の方を救って差し上げたいとのオーナー様ご自身の強いお気持ちから「1棟目の隣地に所有している竹林を伐採し2棟目となるサービス付き高齢者向け住宅を建築できないか」とのご相談を受ける。
STEP4 2棟目の工事が進む中、別地の借地人のことでご相談を受け、弊社法務部が中心となって明け渡し交渉をさせていただく。
↓
STEP5 借地の明け渡し交渉が完了し、オーナー様がかねてからご関心を寄せていた「全戸メゾネット型賃貸住宅」でのご活用を採用していただき3棟目のご契約をいただくこととなる。
リピート受注
  • 土地活用に関するお問い合わせ
  • 土地活用・フジ住宅商品の資料請求はこちら
PAGETOP
copyright © フジ住宅株式会社 - 土地有効活用 all rights reserved.