自分の親を安心して預けられる住まい

フジパレスシニアブログ

大雪が届けてくれた心温まる贈り物

みなさん、こんにちは!

今年は、想定外の大雪で、交通機関がマヒしたり、大きな被害がでたりしましたね。

ほど良い小降りの雪は、幻想的な風景を醸し出し、ロマンチックにもなりますが、

今回は、雪に慣れていない私たちにとっては、ストレスがたまる天候だったのではないでしょうか?

 

そんな大雪ですが、

先日、シニアハウスポーターが某フジパレスシニアを訪問した際に、

現地の管理者から、心温まるエピソードを耳にしましたので、

ご紹介させて頂きます。

 

2月の大雪の日のあと、フジパレスシニアの近くにある小学校に通う

女の子が、雪だるまを作ってくれて、手紙が添えられていたそうです。

 

手紙のタイトルは、『ろう人ホームのみなさんへ』

内容は

『みなさんがよろこんでくれたらいいなと思って、ゆき玉をつくりました。これからも、とてもさむいですが、お体に気をつけてくださいね。』

●●小学校  ●●●●(名前)

__ 2 

現地の管理者は大変感動し、すぐに小学校の教頭先生に連絡し、

状況をご説明したところ、教頭先生も同じく、大変感動され、

『その女の子を褒めておきます』とはずんだ声で、返答があったそうです。

 

入居者様も童心に帰り、とても喜んでおられ、

皆さん順番に記念写真を撮られていたそうですョ(笑)

 

__ 3

 

きっとこの女の子は、心の優しい、思いやりのある

立派な大人になるに違いありません。

大きくなったら、ぜひ、フジパレスシニアで

一緒に働いてみたいですね!

大雪が届けてくれた心温まる贈り物。

心も体も温まりました。

 

 

 

 

 

ケアマネージャー様という存在

私たちの日々の業務で、欠かせない存在がケアマネージャー様です。

毎日色んなケアマネさんとお会いさせていただきますが、性格や考え方、入居者様やご家族様に対するスタンスも千差万別です。

 

ただ、ひとつ言えることは、全てのケアマネージャー様が、

入居者様・ご家族様の最高の理解者であり、良き代弁者であるということ。

 

だからこそ、ケアマネージャー様からのご相談事項に対して、

わたしたちでできることは何なのかを考え、ご提案していくことが、

結果的には、入居者様・ご家族様のニーズに近づけることだと考えております。

 

今回は、あるお2人のケアマネージャー様の事例をご紹介させて頂きます。

http://www.fp9982.com/fps/colmn/story/story19.html

ぜひ、ごゆっくりご覧下さい。

 

フジ住宅の「考え方」って?

皆さんこんにちは!

まだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

 

つい先日、ある役所の方とお話をさせて頂く機会がありました。

「フジ住宅さんは、元々は分譲住宅とかアパートが専門だと思いますが、

なぜ、高齢者住宅に参入されたのですか?何かきっかけがあったのですか?

どういった特長があるのですか?」

 

これまで何度となく同じような質問をされたことがありましたので、

その切り返しにも随分なれてきました。

 

価格、設備面、サービス面・・・・ではなく、

私たちが、いつも一番にお伝えするのは、フジ住宅の「考え方」です。

「考え方」と言えば、少し堅いですが、「経営理念」というか・・・

もっと堅く感じてしまいますね・・・(笑)

 

でも、全然そんな堅いお話ではなく、

何のために働いているのか?どういった目的、どんな想いで

高齢者住宅を運営しているのか?

私たちが何を考えているのか?

 

価格や設備面、サービス形態の前に、しっかりお伝えすべきことがあると

私たちは考えております。

ひとことで言えば、会社の自己紹介ですかね。

 

なぜ? と疑問に思われる方もおられると思いますが、

どんな経営理念(考え方)を持った会社で、何のために事業を行っているのかを、

しっかりお伝えすれば、全ての住宅が同じコンセプトで運営されているわけですから、

個々の高齢者住宅のことを、あまり細かくお伝えしなくても

十分に理解して頂けると思うからです。

 

あとは、入居希望者様やご家族様のご希望や状況に合わせた条件で、

住宅をピックアップしていけば良いだけです。

 

そういったケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさんとのやりとりを踏まえ、

今回のコラムを執筆しました。

これまで、何度もフジ住宅の考えをお伝えしてきましたが、あらためて、皆さんに理解を深めて頂きたいと思い、

コラムにしました。ぜひ、じっくりご覧頂ければ幸いです。

http://www.fp9982.com/fps/colmn/story/story17.html

また、良かったら感想をお聞かせ下さい。